MASIRO流 ルーンカスタマイズリーディング


過去、現在、未来を読み解く
不思議なルーン文字
文字は素直な自分と向き合う為の鏡。
「らしさ」「才能」「本音」
自身を読み解くツールとして
実際に知ることから
あなた自身を見つめる機会となり
自分自身を大切に生きるための
ヒントとなりますように。

カスタマイズリーディング


ルーンと組み合わせて読み取ることによって
深まる占術の世界観。
こちらで紹介させて頂くのは、
タロットカードとルーン文字のカスタマイズ。

タロットとは絵札と呼ばれる大アナルカ22枚と数札と呼ばれる小アルカナ56枚で構成されているカードです。 
(コチラではライダーズ版タロット使用)

ルーン文字とは記号のような線を組み合わせた暗号文字で表現されている古代文字です。
(古代北欧型ルーン24文字を使用)

展開には正位置と逆位置がありますが、逆位置は必ずしもネガティブな要素だけではないこと、そこには物事の偏りや鎮静を表す意味が含まれていますので、逆位置は価値観の逆転と考え柔軟な視点を楽しんでいただければと考えています。

リアルな鑑定ではクライアント様のアセスメントを考慮しつつ読み解きを進めますが、ここでは展開図をそのままリーディングしたいと思います。自分の中にある感性を呼び覚まして、下の基礎知識表示を参考に自分なりのカスタマイズを見つけていただけたら幸いです♪

表① MASIRO流タロット読み解き基礎知識


0.愚か者・・・新しい可能性
1.魔術師・・・独創性
2.女教皇・・・純粋
3.女帝・・・ 豊穣
4.皇帝・・・ 権力
5.法王・・・ 秩序
6.恋人・・・ 選択
7.戦車・・・コントロール
8.力・・・ 誠実
9.隠者・・・内省
10.運命の輪・・・ タイミング
11.正義・・・公平
12.吊るされた男・・・自己犠牲
13.死神・・・終焉と再生
14.節制・・・平和
15.悪魔・・・執着
16.塔・・・ 崩壊
17.星・・・ 願望
18.月・・・ 曖昧
19.太陽・・・成長
20.審判・・・再スタート
21.世界・・・大詰め

表② MASIRO流ルーン文字読み解き基礎知識


※MASIRO流テキストご用意しております。

カスタマイズ 読み解き&解説例

読み解き例はタロット1番手『愚か者』とルーン1番手の『フェオ(フェイフュー)』を使用します。

①愚か者(正位置)+フェオ(正位置)


【読み解き例】
安定した環境の中で思うがままの自由を満喫できます。開放感の中で刺激される冒険心を実現する最適の時と言えるでしょう。無鉄砲に新しい世界に飛び出しても、今まであなたが大切に培ってきた帰れる場所があなたを後押しする安心感となり、より広い世界へと挑む勇気となります。

【解説】
この二つの組み合わせを基礎の言葉に置き換えると「新しい可能性」「培ってきたものの増殖」となります。どちらともが正位置のパターンなので、愚か者の「新しい可能性」が安定した基盤を持つフェオにのびのびとした生産性に加速を与えます。ここで読み取るものは、未知の世界へと生み出される安定した豊かさとなります。

➁愚か者(逆位置) + フェオ(正位置)

【読み解き例】
用心を重ね隙の無い防御を敷いてるつもりでも予想外のほころびが出てしまいそうです。勢いに任せたままで万全を期しているとは思わないことです。人知の中では予想外のミスや考え違いはいつだって発生します。新しい挑戦に挑むのならば何があってもうろたえず落ち着いて冷静に対応する視野を持ちましょう。

【解説】
「新しい可能性」を持つ愚か者は逆位置になることで、突発的に動き出す不安定な開拓精神となります。フェオは正位置なので環境を与えられればその場所で可能な限り安定した増長を始めます。この場合、愚か者の奔放さに引きずられフェオは不安定な開拓精神を増長することになります。ここで読み解くのは無計画に動き出す気持ちへの危惧と、現状を見つめる冷静な計画性へのアドバイスです。

③愚か者(逆位置) + フェオ(逆位置)

【読み解き例】
必要以上に個人の自由を誇示したり意地を張り、傲慢な態度に出たりすることは生産性が無くマイナスにしかなりません。プライドに偏れば偏るほど自分自身の弱点や弱みを増長させることになりそうです。感情のままに束縛への怒りをあらわにするのでは無く、冷静さを意識することに努めましょう。今は足元が脆すぎて勝負をかけるにはまだ時期尚早なようです。

【解説】
多くの伸びしろと可能性を示す愚か者の「新しい可能性」も逆位置を示せば過信はトラブルの元となります。フェオは「培ってきた経験、感情を増殖」を逆位置により無駄に強調する事になります。愚か者の過信、我がままや気まぐれを、強調することで、物事のイメージダウンにつながると考えます。このことから冷静さや誠実さを心がけることで問題・対象にトラブルを広げないことを助言として読み解きます。

④愚か者(正位置) + フェオ(逆位置)

【読み解き例】
権威や圧力を否定していても護られてきた場所にはそれだけのルールが存在することを忘れてはいけません。自分自身の可能性や力を試すことは支障のない事ですが、新しさの代償を払うのは自分自身なのです。必要以上に柵に干渉する必要はありませんが、自分の意思の土台はどこにあるのか、何が今までの自分を支えてきてくれたのかをふり返ることは大切です。感謝と自身の志をしっかりと持てば、新天地に飛び出せるための安定した基軸と理解を得られるでしょう。

【解説】
「新しい可能性」を持つ愚か者は正位置になることで勇気と挑戦する意識を高く持ちます。逆位置のフェオは「悪循環の助長」を示すので可能性の発展が打ち止めとなる危惧が浮かびます。愚か者の示唆する自由意志や志を培ってきた今までの環境をふり返り、基盤となるものにむきあうことによって悪循環を整え良好な発展へと促すアドバイスを補足します。


「占い鑑定例」お役に立てましたら
隣のボタンをポチッと
お願い致します( ꈍᴗꈍ)
ホームページRanking参加中

powered by crayon(クレヨン)